森永卓郎はライザップで劇的に変化した!

森永卓郎ライザップ

<出典:森永卓郎 - Gooブログ>

 

突如彗星の如く登場した新しいダイエット「ライザップ」。多数の有名人や芸能人やを起用した特徴的なCMや「結果にコミットする」といったキャッチフレーズは瞬く間に世間から注目を集める事となりました。

 

注目を集める事はもちろん、その出演者の変貌振りにも度胆を抜かれます。ぽっちゃり体型はわずか数か月の内に劇的に変化を遂げるスリムなボディは目を疑ってしまうほどです。

 

さらにライザップのCMでは、数か月毎に異なる有名人が劇的な変化を遂げて登場する事でも話題を集めています。そして現在挑戦している有名人は経済アナリストの森永卓郎さん(58)です。果たして本当に痩せる事が出来るのでしょうか。

森永卓郎さんのライザップ挑戦は注目度が高い

webで「森永卓郎」と検索すると出てくるキーワードが「やせた」です。これまでのライザップに登場してきた有名人の多くは、元プロスポーツ選手や人気アイドルなど、元々は痩せていた、そんな方が多いです。

 

イメージ的にも、ライザップのきついプログラムをそつなくこなせそうな感じがします。一方、森永卓郎さんの場合は、やはりぽっちゃり体型でダイエットとは無縁なイメージ。

 

さらにはきついプログラムには耐えがたい、そんなイメージがします。さらには、ライザップで劇的に変化を遂げた場合に、これまでの愛着のあるキャラクターではなくなってしまう、そんな違和感を感じます。
とはいえ、挑戦するからにはやはりスタイリッシュになった森永卓郎さんを見たいと思うのが本音です。

 

ライザップに挑戦する理由

森永卓郎さんのRIZAP挑戦へのきっかけは、2015年10月3日に放送された「オールスター感謝祭2015秋」の中で、RIZAPに挑戦して欲しい芸能人としてふさわしいのは誰かを決める企画が行われました。
その候補者として、森永卓郎さんを含む4人の候補者が登場したのですが、視聴者投票で選ばれた事がライザップを挑戦する運びとなった訳です。

 

ちなみに森永卓郎さんは、本業のほかにも数々のテレビ番組への出演など多忙を極める為、1日5食、平均睡眠時間4時間という不規則な生活を続けてきた経緯もあり健康状態は良くない様です。

 

何でも、空腹時血糖値や血中ヘモグロビン濃度など血液検査の基準値は上限を超えている事が多く、メタボリックシンドロームとの診断がくだっています。
さらには4年前には糖尿病との診断が出ているようで、本人も体質改善の必要性を感じていたとの事です。今回のライザップの挑戦はちょうど良いタイミングともいえます。

年齢的に無謀な挑戦なのか

ライザップのダイエット法は、食事管理と筋力とレーニングを行うものになります。食事管理では米や麺などの炭水化物を極力減らし、魚や大豆などといったたんぱく質を摂る食事に切替えます。

 

そして専用のトレーニングメニューをこなして脂肪を筋肉へと変えていきます。この方法は、脂肪の燃焼に必要な基礎代謝を高めて太りにくい体質に改善する方法としてダイエットでは良く取り入れられている方法です。

 

そしてライザップの特徴はトレーナーがマンツーマンで一緒に目標に向かうところです。初めに丁寧なカウンセリングを行なう事から始まり、体力に応じたトレーニングメニューと、これまでの食生活の把握を行い適切な管理を行っていくものです。
ちなみにトレーニングはテレビ番組でも拝見した事があるのですが、一回に行う回数は少ないのですが、最大に近い負荷を掛けるのでかなりきつく感じます。

 

しかも森永さんは、50m走は何と20秒以上かかる運動音痴な方がそんな過酷なトレーニングに音を上げることなく続ける事が出来るのでしょうか。

 

とはいえ、これはあくまで見た感じの客観的な判断で、ライザップには意外にも60歳以上の高齢の人にも多く利用されており、健康数値の改善効果がてています。
事実、医療機関との連携強化を図る事でスタッフ自身も医療関連知識を高めて、医学的・科学的根拠に基づいた助言を行っています。これなら森永さんの様な高齢な方で運動が苦手な方でも無理なダイエットになる事はなさそうです。

 

ちなみに筋力トレーニングは、週2回ライザップに通うだけで後は食事管理になる為、案外長続きしやすい方法ともいえます。

わずか数か月で本当に痩せられるのか

ライザップのダイエットプログラムで最も過酷ともいえるのが食事の管理です。
先にも述べた様に、炭水化物はほとんど制限されてしまう為、体が慣れるまでの期間が勝負どころといえます。しかし、森永卓郎さんは1日5食で好きな食べ物は「カツ丼カレー」。さらには収録中もポケットに大好きなお菓子をしのばせるなど大食漢で有名です。

 

一方ライザップの食事管理は、炭水化物の基本摂取量は1日50g以内、そして低糖質な食事を心がける、さらには1日3食摂る事は大切となっているのですが、朝は軽め、昼はしっかり、夜は朝より軽く、そして21時以降は食事を摂らないようにするなど、厳しい食事管理です。元々が大食漢の森永さんが果たしてこの厳しい食事管理に耐えられるのか見物です。とはいえ、厳しい食事制限を一人で行うと途中で挫折してしまう人が大半ですが、ライザップは専属のトレーナーが会員一人ひとりに合わせた適切な食事のアドバイスをしてくれます。

 

又、毎日の食事を報告することにもなりますのでカロリー制限で気になる事や、体に良い栄養アドバイスを受ける個事も容易ですので悩む必要がありません。
何より一人ではなくトレーナーの方と一緒に食事制限を行う事で継続することができるようになり、その分結果を出しやすいと思います。

 

ライザップの効果は確実

森永さんがライザップで本当に痩せられるか、一抹の不安はありましたが2016年2月現在、見事減量に成功した様です。ライザップを初めて2ヶ月程でウエストは114cmから94cmのマイナス20cm、体重も90kgから74kgのマイナス16kgと着実に効果が現れている様です。
某テレビ番組の収録で出演した共演者からもその変貌ぶりに感心を示している様です。

 

ちなみに、減量後は豚の唐揚げ入り味噌ラーメンを腹一杯食べたいとのことですが、成功したのであればリバウンドには気を付けてほしいところです。とはいえ痩せたその姿ははっきりとは解りませんがCM登場は2016年早春と言われており、その変貌ぶりに注目したいと思います。